専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

音楽のある生活の素晴らしさよ。アラフィフだからこその楽しみ方。

夜はとにかく家にいるのが一番!と思っている私は、お友達に誘われてもほとんど夜の外出はしません。

そんな私ですが例外もあります。時折娘や外国人夫からライブのお誘いがかかるのです。
夕方から出かけるのはとても億劫なのですが、こんな時でもなければゆっくりと音楽を楽しむ機会もないので、なんとか重たい腰を上げて参戦します。



若い頃は毎日、家でも外でも音楽を聴いて過ごしていました(WALKMAN世代です!)。
何するにも音楽がなければ捗らないというくらいに、常に脳内には様々なリズムが躍っていました。

それがいつからでしょうか、気がつけばそんな音楽が少しずつ自分の生活から消えていました。
正確に言えば「自分の好きな音楽」が消えたということです。

子育てに忙しくしていると、なかなかゆっくりと自分の事をする暇も考える時間もありません。次はなに?次は誰の用事?と、常に家族中心で暮らしているからでしょうか、音楽を楽しもうという余裕もなくなるのですね。

それでも全く音楽がない生活というわけではありません。
今も昔も家の中では常に音楽が流れていますが、それは子供達や外国人夫が聴いている音楽です。

外国人夫は80年代のアメリカンポップを聴いていたかと思えば、いきなりクラシックのピアノ音楽になったり、また別の日は古いボサノバだったり。。。正直、趣味がわかりません(笑)

最近は『ボヘミアンラプソディー』という映画を観てきたせいか、クィーンばかりが流れています。
つまり外国人夫の音楽の趣味とは、その時流行っているものや、人から強くお勧めされたもののようです。
私は天邪鬼なので、当然全く逆のチョイスになります。

中学生の頃、クラスの皆んながビートルズの歌で英語の勉強をしている時、私は一人でラズベリーズを口ずさみ、皆んながマイケル・ジャクソンに夢中になっている時、私はエルビス・コステロに心酔していました。。。
音楽においても変わり者扱いされていましたが、天邪鬼はさておき、本当にそちらの方が好きだったのだから仕方ありません。。。



ラズベリーズ+5(紙ジャケット仕様)

エリックカルメンといえばご存知の方もいるかも。。。彼がソロになる前にいたバンドです。十代の頃に夢中になって聴いていたグループですが、いまでも全然古さを感じさせない素晴らしい楽曲です。




アンフェイスフル・ミュージック

映画『Notting Hill』(ノッティングヒルの恋人)の主題歌『She』を歌っているイギリスのアーティストです。


とにかく、そんな風に自分の好みとは全く違う音楽を聴いてきた昨今ですが、中年になってから、少し音楽を楽しもうという気持ちが戻ってきました。
娘にお勧めされたブルーノ・マーズを聴いてみたり、苦手だったラップミュージックやK POPまで、なんでもごされです!

それでも一人になると、かつて好きだったエルビス・コステロやポリス、たまにグラムロックなどとUK寄りのチョイス。
たまにビリー・ジョエルやジョニ・ミッチェル。

なんとも古いです。。。(笑)

それでも、その年齢にならなければ感じ得ない曲というものもあります。
若い頃は「ああ、いい曲だわ」と聴いていた曲が、今聞くともっと心に大きく響いたり、また違った楽しみ方ができることがわかります。

私の中でのその代表がジョニ・ミッチェルの有名な曲で『Both Sides Now』です。



Joni Mitchell the Studio Albums 1968-1979


この曲は2003年に公開された『Love Actually 』(ラブ・アクチュアリー)というオムニバス形式の映画の挿入歌にもなった曲です。
主婦役のエマ・トンプソンが劇中で聴いていた曲ですが、なんとも言えない悲哀を感じるのです。
このシーンのストーリーを説明すると長くなので割愛しますが、好きな音楽を聴きながら一人涙を流しながらも、家族の元へまた明るい作り笑顔で出ていく。そんなシーンにとてもしっくりくる曲で、中年女となったいまだから、この曲で泣けるのです!



ラブ・アクチュアリー [DVD]

このDVD、もう10年以上にわたり見続けています(笑)サントラとして観て、聴いて楽しいのです。全然飽きません。


音楽って癒しになります。
楽しい時はより気分を盛り上げてくれるし、悲しい時や辛い時は慰めになります。

忙しさにかまけて、音楽から遠のいていた日々のなんともったいないことか!
ウォーキングを始めてからは、また歩きながら好きな音楽を楽しむようになりました。
『WALKMAN』などという大きな機械を持たずとも、スマホのアプリから好きな音楽を流し、ワイヤレスイヤホンで身軽に楽しめます。
何という便利な世の中になったことか。

我が人生にも音楽が戻って参りました!



つい最近も娘からのお誘いでライブへ行ってきました。これまで一度も曲を聴いたことのないアーティストでしたが、やっぱりライブはいいですね。
いつもライブを観たあとは、「ああ、楽しかった」「素敵だったわ」と帰る道すがら、とても幸せな気持ちになります。

アリーナのような大きなホールもあれば、ビルボードのような小さなところまで。
どんなアーティストのライブでも楽しめるのは、やはりこの年齢になったからでしょうか。
若い頃であったら「趣味じゃないから!」と決して聴こうとはしなかったでしょう。
それが今は、どんなライブでも楽しむことができます。

今は自分の好きなアーティストのライブへ積極的に行くことはなくなり、外国人夫や子供達のお付き合いばかりですが、そろそろ独自でライブ参戦しようかしら。。。などと考えているところです。

ブルーノートやビルボードなどで、のんびりお食事などをしながら、一人でまったりと音楽を楽しむ。。。
まさにこの年齢になったからこその、音楽の楽しみ方なのかもしれません。