専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

アラフィフにして自分の「眠れる」素晴らしい才能に気付いた件。

まず、表題の「眠れる」才能とは、自分の中に眠っていた才能ということではなく、文字通り「眠る」ことそのものを指しています。





ここのところ、梅雨らしくも毎日ジメジメとお天気が優れませんが、相変わらずパートのお仕事の合間にお友達と会い、ランチ会を楽しんでいます。

子供もすっかり成長したいま、話題は第二の人生をどう楽しむか、また老後の生活についてなどが中心となっていますが、それと同じくらい重要だと語られるのが健康問題です。

更年期真っ盛りの世代とあって、この梅雨時はあちらこちら不調を感じる人も少なくないようで、とにかく肩が痛い、偏頭痛が治らない、動悸がするなどなど、まるで老人会の会合か⁉︎ と思うほど(笑)

そんな中でも、多くのお友達が最も悩んでいるのが睡眠に関することだといいます。
とにかく夜眠れない、また眠ってもすぐ目覚めて、夜中に何度も起きるなど、熟睡できないそうなのです。
きちんと睡眠がとれないせいで、身体は終始怠く、起きていてもスッキリした気分になれないといいます。

この感覚、私にはちょっとわからないのです。。。
若い頃から今に至るまで、私は睡眠で悩んだことがありません。
眠ろうと思えばいくらでも眠れます。

例えば疲れている時など、お昼寝をすると4時間くらいはグッスリ眠ります。そして夜はといえば、また同じ時間に寝てもしっかり熟睡できます。
しかも布団に入って横になった同時に眠りに入るようで、眠れなくて寝返りを繰り返すといったこともまったくありません。
そのまま朝までグッスリ眠れます。

「私、なんでこんなに眠れるの⁉︎ どこかおかしいのかも?」

そう思い、主治医に相談したこともあります(笑)

しかし、疲れているんじゃないの?
眠れるならいいじゃないか!

と、そんな答えが返ってくるだけでした。

お友達にそう話したところ、

「あなた!それは一つの大きな才能よ!」

そう言われました。
眠ることに才能が必要なのかしら?
私は疑問に思いましたが、みんなのお話を聞いていると、確かに眠ることは得意かも⁉︎と思わないでもありません。

とにかく横になり目を閉じればスーッと眠りに入り、朝まで一度も目覚めることなく眠ります。

すぐそばで家族の誰かが話をしていても、テレビなどを観ていてもなんの支障もなく眠れます。

また眠る場所も問いません。
最近はパートで疲れた時など、夕食後にソファーにゴロリとすると、朝まで熟睡してしまうなんてこともあります。

よく枕が変わると眠れないという人の話も聞きますが、私は旅先などでも快適に眠れます。
若い頃は、よくトランジットで立ち寄った空港のベンチでも爆睡していました(笑)





横になるという行為は身体にとって非常に良いことだと、何かで聞いたことがあります。
眠らずとも体を横たえるだけで免疫力が上がるからだとか。
それを聞いてから、私はちょっと疲れたわ。。。と思った時などは、帰宅してから横になるようにしているのですが、それもちょっと問題なのです。。。

一度横になると必ず熟睡してしまうのがわかっているので、全ての家事が終わるまではなるべく横になりたくないのですが、家事よりも体調管理優先!と自分には限りなく甘く、結局はゴロリとしてしまいます(笑)

案の定、時には寝過ぎてしまい晩御飯を作り損なうなどということもありますが、それならそれでケータリングでも、お茶漬けオンリーでもなんでもいいかなと、ここでもまた自分を甘やかします(笑)

日本人の奥さん、お母さんは頑張りすぎるのです。一見それが素晴らしいことのように映りますが、なんでも「過ぎる」のはよくありません。

食生活はもちろん大切ですが、何を食べるかと同時に、誰とどんな風に食を楽しむかも重要です。たとえお茶漬けだけの食卓でも、美味しくて楽しい食卓であるならそれでいいのです!

お話がそれましたが、とにかく無理をしない!家事など多少おざなりになっても生活に支障はきたしません。
たまにはリラックスしてもいいではありませんか!と、そんなことが言いたいのです(笑)

このように自分を甘やかしてあげることで開花した、この「眠れる」という才能(?)のおかげか、この梅雨時でも体調を崩すことなく、元気でいられるのかもしれません。

「どうすればそんな風に寝られるの?」

みんなから矢のように質問を受けますが、どうやっているのだか自分でもわかりません(笑)
ただ眠いから眠れているだけなので。。。

強いて言うなら、起きているときはいつも動き回っています。そのせいで適度な疲労が蓄積されているのかも知れません。
しかし、それとてみんな同じこと。人によっては疲れ過ぎていると眠れないとなどと言いますから、やはりこれだけいつでもどこでも好きなだけ眠れるのは才能なのかも知れません。

ちなみに蕎麦殻の枕が好きです。ベッドではなくお布団が好きです。寝るときは大の字で眠ります。

そして起きるときは無理矢理には起きません。
朝はだいたい同じ時間に目覚めます。一応アラームはセットしておきますが、いつもそれが鳴る前に自然と目覚めます。
たっぷり寝ているので当然かも知れませんが。。。

ソファーにゴロリで熟睡してしまっても、家族の誰も私を起こさず放置されているので、自然に目覚めるまでは起きません。
誰も起こしてくれないので、夕方にゴロリとして、翌朝ソファーで目覚めることも週に何度かあります(笑)





若い頃は寝る時間がもったいないことだと思っていました。寝る暇があるなら、何かしていたい!と。
当時は一日の睡眠時間を4時間と決めていました。そんな生活を何十年も過ごしてきた今、あの頃とは真逆に時間があれば横になるように、少しでも沢山寝ようと思っています。
過去に大きな病気をしたことで、どんな有意義な日々を過ごしても健康が損なわれては意味がないとわかったからです。

欲張ってあれもやろう、これもやろうとあくせくする気持ちは今もなくはありませんが、それよりも大切なのは健康であると、日々肝に命じています。

眠れるということは、身体が求めていること。

そう解釈し、眠い時には存分に寝るようにしています。
おかげで冬も風邪ひとつひかず、心身ともにとっても元気です。

やはりしっかり食べて、しっかり寝る!
これが健康には一番いいようです。
幸いなことに食べることは大得意、おまけにいくらでも眠れるという才能(?)があるらしいので、それを健康管理に役立ててやろうと思ったのでした。

ああ、今日もねむいです。。。