専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

学芸大学『マッターホーン』のチョコレート缶。バームクーヘン以外のお菓子もおすすめです!

今年もチョコレートをたくさん食べましたが、まだご紹介していないものがありました。

こちらは学芸大学駅そばにあるバームクーヘンで有名な『マッターホーン』さんの缶入りチョコレートです。

バームクーヘン過去記事はこちら。
www.hw-frankie.com

バームクーヘンも美味しくて大好きですが、このチョコレートもとってもおすすめです。

『マッターホーン』さんといえば、お菓子の美味しさはもちろんですが、パッケージの可愛さでも人気のお店です。

そんな中でも私が一番好きなのが、この白地に赤いイラストの缶。
チョコレート詰め合わせの小さいサイズのものです。
大きさも小さ過ぎず、かといって大きくもないなんともいい塩梅のサイズで、白地に真っ赤な絵というシンプルさがとっても可愛いのです。

matterhorn-tokyo.com

チョコレート缶(小)

この缶の中にたっぷり4種類の味がつまっています。
おちょぼ口で頂けるプチサイズですが、どれもまろやかなチョコレートの美味しさが楽しめるお得な詰め合わせです。

チョコレート缶(小)¥3,200(税込)


レーズン

ハート型のホワイトチョコレートとダークチョコレートにレーズンが一粒。
チョコレートとレーズンの比率がピッタリで美味です。特にホワイトチョコレートは食べる手が止まらなくなります。


モカ

コーヒービーンの形をしたミルクチョコレートとダークチョコレート。
一粒口に入れると、ほのかにコーヒーの香りが広がります


オレンジ

砂糖漬けのオレンジピールとダークチョコレートという間違いない組み合わせ。
甘さの中に感じるほろ苦さと、柑橘系の爽やかな風味がたまりません。



アーモンド

ミルクチョコレートにゴロゴロっと砕いたアーモンドが入っています。ザクザクとした歯ごたえとアーモンドの香ばしさがクセになります。

『マッターホーン』さんには、このチョコレート缶以外にもバラエティーパックやトリュフチョコ、また小箱入りのミントチョコやブールドネージュなど、種類も豊富です。

昨今は海外のショコラティエが大人気ですが、ニッポンのチョコレートもあなどれません!
美味しい上に、なによりもお値段も良心的です。

バームクーヘンだけ買って帰るのは「もったいない!」というくらい、こちらのチョコレートはおすすめです。




乙女な包装紙

包装紙が好きです。
子供の頃から洋菓子、和菓子問わず、お菓子の包装紙が好きで、折り紙くらいに切り取って集めては眺めていたものです。さすがに今はしませんが、それでも気に入った包装紙があればしばらく手元において眺めたりしています。

最近は素敵な箱入りのお菓子が増え、包装紙に包まれていないものも多くなりましたが、やはり綺麗な包装紙を丁寧に開けながら、中から出てくる箱や缶と対面するときのワクワク感は捨てがたいものがあります。

「マッターホーン」さんの包装紙は、サーモンピンクの地に赤と緑を使ったイラストが描かれていています。
そこにローズピンクのサテンのリボンがかかると、なんとも可愛らしく、そして上品な印象になります。
女の子のイラストのせいでしょうか、見るたびにピンクのチュチュを纏いトゥシューズを履いて踊る女の子を想像してしまいます。

お味もさることながら、このビジュアルも、私がこちらの品を贈答品として選ぶ大きな理由の一つでもあるのです。

もちろんプレゼント以上に自分でも食べていますが(笑)

www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com