お菓子を巡る暮らしの雑記帖

アラフィフ主婦が美味しいお菓子とともに過ごす毎日を思いつくまま綴るブログ。食、家事育児、国際結婚、ブログなど。。。

Sponsored Link

広尾『アルノー•ラエール』のフランバニーユ。バニラの風味たっぷりのフランス伝統菓子。

フランというお菓子が大好きで、よく自分でも作ります。
フランスではベーカリーなどでも手軽に買えるもので、特に昨今は伝統菓子にスポットが当たっているとのことで、一流パティスリーとされるお店でも見られるらしいです。
最近、フランスには行っていないので、見たわけではありませんが(笑)

そんな流れからか、最近は日本でもお見かけすることが増えた気がします。

こちら広尾に2018年に日本1号店をオープンした、
『ARNAUD LARHER(アルノー•ラエール)』さん。

先日焼菓子を求めてぶらり立ち寄ったところ、こちらにもフランがありました!

私が自分で作るのは「フランナチュール」ですが、こちらのものは「フランバニーユ」。グリーディエンスの違いはあるものの、有名店のフランとは果たしてどんなお味の違いがあるものか、お持ち帰りしてきました。




フランバニーユ


1個 ¥760(税込)

名前の通りバニラ(バニーユ)をふんだんに使用したフランです。

アパレイユはトロトロ、かなりバニラが強めで、おフランス菓子らしく甘さもしっかり。
単調なシュガーの甘さではなく、蜜のようなこっくりとした深い甘さです。

これだけなら、もう少しシンプルにやはりナチュールのような味わいが好み?と思ったものの、パイ生地がとにかく美味しく、アパレイユとの相性がいいのか、一緒に頬張ると一気に美味しい指数急上昇!

家庭で作る素朴なフランとは違った、とても洗練された、そして計算し尽くされた味わいです。

最近はおフランスな甘〜いケーキなどにはすっかり弱くなりましたが、こちらのお店の焼き菓子は本当に美味しいですね。
クイニーアマンやカヌレなど、おもたせで頂いたことがありますが、とても美味しいなと感じました。

ちなみにこの『フランバニーユ』は広尾本店のほか、銀座SIXでもお取り扱いがあります。

この日、クイーニーアマンとフィナンシェ、ディアマンショコラもお持ち帰りしてきました。
そちらはまた後ほど。。。


www.arnaudlarher.jp

www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com