専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

東京三大花林糖、浅草 小桜のかりんとう『きさかた』はお土産によし、おやつによし!


浅草の老舗料亭「福し満(ふくしま)」の手土産から生まれたという
『浅草 小桜』さんのかりんとうは、東京では誰もが知る有名なお菓子です。

浅草本店以外にもデパ地下の銘菓を扱うコーナーで購入することもできるので、美味しいかりんとうが食べたい!と思った時などは気軽に楽しめます。

こちらのかりんとうはいくつか種類がありますが、どれも上品な甘さと食感が特徴で、なんとも軽く感じられるため、ついつい食べ過ぎてしまいます(笑)




きさかた(小)

7種のかりんとうが8袋(「ゆめじ」のみ2袋)入った詰め合わせです。

どのかりんとうも甲乙つけがたい美味しさなので、私は7種類の味が楽しめる、この『きさかた』がお気に入りです。

内容は以下の通り。

ゆめじ(細口)

小桜さんの看板ともいえるかりんとうです。
青海苔やパプリカを使用したものなど、見た目もカラフルですが、それは味にもしっかりと反映されています。

小枝のように細くサクサクとした歯ごたえの、とっても美味しいかりんとうです。


かえで(メープル)

カナダ産メープルのシロップとシュガーを使用した一品ですが、とっても甘さ控えめで、一袋くらいならあっという間に完食しちゃいます。私のお気に入りです。



きなこ(黒糖入り黄な粉)

黄な粉と黒糖の香ばしさが特徴で、これもまたお気に入りです。



しょうが(生姜)

高知県産の生姜を使った、スッキリとした味わいが特徴のかりんとう。

生姜の香りとほのかな苦味が感じられる一味違ったテイストです。


さくら(塩入り桜)

生地に塩漬けした桜の花が、そして表面には桜の葉の粉末がまぶされています。
結構塩味が効いていて、砂糖の甘さを引き立てています。

封を開けるとほんのり桜の香りが楽しめるのもいいですね。


おもいで(白太)

上白糖をつかったほんのりごま風味のかりんとうです。

シンプルながら揚げ油の旨味がよくでていて、食べ応えがあります。


ふるさと(黒太)

沖縄産の黒糖が使われたかりんとう。黒糖の香りたっぷりの、かりんとうの王道ともいえる一品です。

そのオーソドックスな味は、これぞかりんとう!といった感じです。

包装紙の柄も古典的でシンプル。これがまた素敵です。

包装を解くと中には白地にピンクの桜の花を散らした、これまたシンプルな箱。
外国の方にも喜ばれそうな日本らしいデザインです。

東京三大かりんとうの一つと言われる「小桜」さんのかりんとう。
『たちばな』さんも『花月』さんもいいけれど、様々なお味のバリエーションが楽しめるという点では、おやつにはもちろん手土産にも最適なかりんとうです。

特にこの『きさかた』は一度に7種類もの違ったお味が楽しめ、とってもお得感があります。個別包装になっているのも食べやすく便利です。

東京土産としても、数あるお菓子の中でイチオシしたい『小桜』さんのかりんとうなのでした。


www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com