専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

50代のダイエット。1日1食は痩せるのか?その方法と期間、そして効果のほどは⁉︎

今日は朝から外国人夫を荷物持ちにして、2人でお正月の買い出し総仕上げに行ってきました。
デパ地下を駆け巡る妻に呆れながらも、毎年のことと辛抱して荷物持ちに徹しているかと思えば、「もう十分だよ」「疲れた」「喉乾いた」とうるさい、うるさい!
男性は買い物耐久がないのでしょうか。これなら一人の方が気楽に買い物ができるわ!といつも思うのですが、年末の買い出しだけは荷物持ちがいなければ無理なのです。途中でカフェで休憩させたりしながら、なんとかお買い物を済ませてきました。

パンパンになった冷蔵庫にニンマリして、もう食べる気満々です。太るのは想定内、そのために私はこの3週間ダイエットをしていたのですから!

前置きが長くなりましたが、そんなわけで今日は久しぶりにダイエットについてです。





食べれば太る。動かなければ太る。

ここ数年、ずっと体型維持はできていたのですが、今年はちょっと太りました。

今年はというより、11月の終わり頃からなんだかお腹がポッコリ。二の腕ムッチリ、太腿に薄っすら。。。
普段はいつもスキニーのジーンズを履いているので、体重を測るまでもなく、少しでも太るとすぐに分かります。

太った原因はハッキリしています。運動量の激減と食べ過ぎです。
仕事を辞めたせいで、運動量が知らず知らずのうちに少なくなっていたのでしょう。加えて時間ができたことで、ランチなど外食の機会が増えたこと。
特に外国人夫の付き合いで食事へ出かけると、フレンチやイタリアンなどコッテリ系で攻められるので、身体に負担がかかります。
この歳になると、フルコースはかなりキツいものです。食べ終わったときには胃袋がはち切れる⁉︎というくらい満腹になります。

それならば手加減しては?といつも思うのですが、根が食いしん坊のため、メニューを見るとどうしても食べたくなってしまうのです。。。

痩せるのは大変ですが、太るのは瞬きするのと同じくらい速く簡単です(笑)
わずか2週間ほどであっという間に3キロくらいのお肉が貼りつきました。

このままでは年末年始のご馳走を好きなだけ食べられなくなる!
そんな危機感を覚えて、ダイエットすることにしたというわけです。






1日1食ダイエット開始

これまで、このブログでも書いてきた通り、色々なダイエットを試してきました。
運動があまり好きではないので、ウォーキング以外はほとんど食事制限ですが、健康との兼ね合いを考えればあまり無理もできません。

食べる量を減らしすぎると、免疫力が低下するのか、風邪をひきやすくなったり、疲れやすくなったりするので、ある程度は食べなければいられない体質です。

今回は連日の外食で胃が疲れていたこともあり、少し胃を休ませる時間を長くしようということで、1日1食ダイエットに挑戦しました。

1日1食主義の人は意外と多くいるようで、私の周りにも実践している人は何人かいます。
我が家の外国人夫も以前は1日1食にして、半年で8キロ減量しました。現在はそこまで厳密にはしていませんが、朝は食べず、昼はお弁当、夜はビジネスディナーや飲みがある時のみお付き合いで食べますが、家ではなるべく食べないようにしているようです。
晩御飯の用意をしなくていいのが楽で、私にとっては喜ばしい事ですが(笑)

この外国人夫以外にも、何人か1日1食を習慣にしている人がいますが、太っている人はいません。特段健康状態に問題があるわけでもなく、なかなか調子がよいといいます。

50代の専業主婦ともなれば、それほど多くのカロリーは必要ないということなのかもしれません。

私が1日1食にしたきっかけは、疲れが溜まっていたのか、とても眠くて一日中食事も取らずに寝ていたことがあって、その時にとりわけお腹が空いて仕方がないということもなく、逆に摂取したものが全てスッキリと消化できているような気持ちのよさがありました。
そのときに、普段自分が食べすぎていることを改め自覚し、一人の時は食事を控えてみようと思ったのが始まりです。

1日の食事内容

朝 : コーヒー2杯

朝のコーヒーは必ずミルクを加えます。甘味が欲しいときは砂糖も入れて飲んでしまいます。

昼 : なし

昼は基本的にお買い物に出ているか、家で家事をしているので、何も食べません。
ドリンクは好きなものを飲みます。基本的にはお水かソーダ水、緑茶かジャスミンティー、たまにカルピスも飲みます(笑)

※ランチの約束などがあるときは、昼にしっかり食べた分、夜は食べないようにしています。

夜 : 好きなものを食べる

夜は子供達と一緒に、普通に食事をします。
その際、必ずサラダを食べ、スープを飲んだあとに、メインの肉料理とほぼ毎日同じです。

サラダには好きなドレッシングをかけ、モリモリ生野菜を食べます。スープはだいたい根菜+肉の入ったスープ。
メインは毎日変わります。普通にハンバーグやステーキ、お肉を加えた野菜炒め、グラタン、時々唐揚げや豚カツなど、揚げ物を食べることもあります。

料理をするのが面倒な時などは、寒さにかこつけてお鍋やおでん、おうどん、お蕎麦の日もありますが、その際は天ぷら付きです。
つまり、なんでもありということですね。

基本的に夜はあまり炭水化物を摂らないようにしていましたが、1日1食にしてからは、ご飯を軽く1膳くらいは食べるようにしています。

間食 : 主に和菓子、時々洋菓子

間食は1日に一度、甘いものを食べます。これだけはやめられないので。。。
それでも、普段はお大福などを何個も食べてしまいますが、ダイエット中はちょっと控えめにして2個くらい(笑)
1日1食を始めた当初は、ちょっと我慢して甘納豆を摘んでいました。

お腹が空いて我慢できない時 :

どうしてもお腹が空いて仕方がない時は、ナッツの出番です。

野田琺瑯の小さな容器にミックスナッツを入れておき、軽く摘むとお腹が落ち着きます。

ナッツは血糖値の上昇を抑制する効果もあると言われているので、食べても罪悪感がありません。おまけに美味しいし、ダイエット中の摘み食いには最適です。

外食 について :

外食の際はあまり気にせずに食べます。ランチなどに出掛けると、一人の時もお友達や家族と一緒のときも、好きなものを好きなようにいただいています。その代わり、夜の食事抜きますが。







食事に関してそんな感じですが、きっと甘いものを完全に断てば、もっと効果が出るのでしょう。
それでも大好きなものをやめてストレスを溜めるのは逆効果!と割り切って、無理のないように食べていました。

※途中から夜のメニューを昼ごはんに変え、夜は食事をとらないスタイルに変更しました。

筋トレ

今回は食事だけではなく、軽い筋トレも加えました。

以前は毎日1万歩以上のウォーキングをしていたのですが、最近は歩きに行く頻度も少なくなり、体調不良の時期などもあったので、1日に歩く距離も少なくなっていました。

次第に足の筋力が落ちているという自覚が出てきたので、ダイエット目的だけでなく、体力向上のためにも、自宅で簡単にできる筋トレを始めてみました。

スクワットなど1日10分程度の筋トレですが、やるとやらないとでは大違いです。
たったの10分でも、薄らと汗をかき、息も切れます。始めた当初は筋肉痛になったりと、しっかり効いている感じがありました。

目視でお腹に筋肉が現れるようなことはさすがにありませんが、ポテっとしていたお腹は硬さを取り戻し、平らになってきました。これは筋トレだけの効果ではないでしょうが、筋肉をつけることは代謝を上げることにも繋がるので、目に見える効果がなくても続けるようにしています。

とかなんとか、偉そうに言っていますが、運動するのは好きではないのです。面倒くさいので(笑)
この筋トレも1日たった10分程度。YouTubeで「痩せ筋トレ」と検索して、筋骨隆々にならない女性向けの筋トレメニュー(3種)をそれぞれ1日3セットやるだけ。
しかも毎日ではありません。歩き疲れて足腰に疲労が溜まっているときや、筋肉痛の時はお休みし、週に4〜5日くらいのペースでした。

それでも私の身体にとっては多少の運動になっていたようです。やらないよりはマシです。普段使わない筋肉を使うことで、少しは鍛えられたかと(笑)

スクワットのおかげで脚に筋肉がついたせいか、今日のように丸一日歩き回っていてもへっちゃらな筋力がつき、それは痩せる以上に嬉しい効果でした。







3週間実践の結果

さて肝心の結果ですが、約3週間継続してみた記録です。
あまり詳細ではありませんが、目に見える効果がありました。

3日目

2.2キロ減。
わずか3日でこんなに一気に減ったのは、前日まで食べ過ぎていたので、胃袋や腸に留まっていたものがなくなったせいと、この3日間はちょっと忙しく、一日中外を歩き回っていたせいで、運動量もかなり多かったからかもしれません。

7日目

2.4キロ減
若干減量していますが、3日間で一気に減った以降、停滞気味といった感じです。

15日目

2.5キロ減
体重の方は7日目とほぼ変わらず、この週は停滞していて変化はありません。

お腹も平らになってきたり、それなりにお肉が減っているようなのに、体重の方は変わりません。。。
体重が減らないとモチベーションもさがるので、ここで一旦体重を測ることをやめました。

そして夜1食だったのを、昼1食に変えてみることに。

22日目

この頃になると、会う人に「痩せた?」と言われるようになりました。
お腹と脚がスッキリとしてきて、見た目での効果を実感。
ピチピチになったスキニージーンズもするりと入り、ウエストにも余裕ができました。

筋トレの効果もあってか、ふくらはぎも肉が若干落ちたようで、ロングブーツにも余裕が出ていました。

ここでしばらくやめていた体重計による計量をしてみた結果。。。

3.2キロ減でした。

1週間1キロ減ということになります。

体重から言えば、最初にグッと減量し、あとはスローペースで体重は太る前に戻っただけでしたが、数字よりも見た目の変化はそれ以上の効果がありました。

1日1食にダイエットの効果は?

ご覧のように、効果があるか、ないか?と言えば、私の場合は効果ありでした。

普段から食べ過ぎだったせいもあるでしょうが、1日しっかり3食+甘いものもたっぷり食べていたのが、1食になり甘いものも少し控えめにしていたせいで、1日の摂取カロリーが激減したせいだと思われます。

1日1食ダイエットは賛否両論あるようですが、それもわかります。
私のように50代ともなれば代謝も下がり、若い人よりは運動量も少なくなります。つまりそれほどのカロリーは必要なく、むしろ食べ過ぎの方が健康上問題が出てくることもありますが、若い人の場合はあまりに極端な気もするのです。

普通にお勤めをしていたり、学校へ通っていたりするような若い人は、よほどしっかりとメニューを作るなどしないと、1日1食では栄養不足になる可能性もあると感じました。






1日1食でつらくない?

つらくはありませんでした。元々食べ過ぎによる不快感から始めたことなので、むしろ空腹になることが「健康になっている。。。」と思えたくらいで、空腹は感じつつもそれが心地よかったのです。

むしろつらいのは精神的なところでしょう。あれも食べたい、これも食べたいと、常に頭の中が美味しそうなもので溢れているので、そちらの欲を押さえ込む方が大変でした。

しかしそれも慣れなのです。
よく、食べ過ぎは頭の中のコンピューターが誤作動を起こした状態だという言い方をしますが、まさにその通りで、お腹が空いていなくても気持ちの方が食べ物を欲している状態なのです。

「食べることができない」と思えば、自然と頭の中の食べたい気持ちを無視するようになります。そうしていくうちに、自然と「食べたい」という気持ちが消えていきます。
つまりは「慣れ」なのです。これが頭の中のコンピューターが正常運転に戻った状態です。

空腹という肉体的なつらさに関しては、苦しいくらいにお腹が空いたら、ちょこっと摘み食いをしていました。
ナッツやチーズ、私の場合はお大福やクッキーといった甘いものも食べてしまっていましたが。。。

少しでも何か胃の中に入れれば、お腹が空いて苦しい!という状態からは解放されるので、無理をせずにちょこっと何かを間食するのも、つらさを感じなかった一つの要因だったと思います。何事も無理はいけません。

心身共につらいと思うのは、最初の数日間だけで、あとは心も身体もその状態に慣れてくれます。

チートデー

チートデーとはダイエット中でも、週に一度など、食事制限を解禁して自分を甘やかしてあげる日です。

我が家の娘などはこれをうまい具合に取り入れて、ストレスを軽減しながらダイエットをしています。

私はといえば、チートデーはなしです!
性格的にやるならやる。やらないならやらないの2択!という融通のきかない性格ゆえ、一度でもチートデーを作ってしまうと、途端にやる気を失い、なし崩しになりダイエット終了ということにもなりかねないので。。。
とにかく目標をクリアしてから、好きに食べよう!とそれだけを楽しみにしていました。

しかし、人によっては、我が家の娘のように、うまくチートデーを取り入れながらダイエットする方が、長期的にみて効果的ともいえます。






まとめ

今回のダイエット、本来なら3ヶ月くらいかけてゆっくりと実践し、その上で効果を見たかったというのが本音です。
3ヶ月は無理だとしても、最低でも1ヶ月以上は継続した上で結果を導き出そうと考えていましたが、その前にお正月がきてしまうので、そうなるとダイエットは中断となります。

3週間ほどの短い期間でしたが、思いの外早く効果を実感できたこともあるので、ここで一旦終了です。

ただ、私の場合は普段から食べ過ぎ、つまりカロリー過剰摂取状態であったことから、早く効果が出たのかもしれないと思っています。

食事の内容だけでなく、どのような生活をしているかでもかなり変わってくるはずです。
私は専業主婦なので、普段の運動量はそう多くはありません。そのため1日3食しっかり食べるのはカロリーオーバーだったのでしょう。
その証拠にお仕事をしているときは、3食しっかり食べていても太ることはありませんでした。

寒ければ外出を控え、家でのんびり満腹になるまで食べ、そのあとに眠くなったわ。。。と、ソファーにゴロリという生活をしていれば太るのも当然。それは必要のないカロリーなのです。

ただ必要のないカロリーを摂取しなかっただけ。それが短期間で適正体重まで落ちた大きな要因であったと思います。

加えて筋トレをするようになったせいもあるかも知れません。

体型も元に戻ったので、甘いものは解禁です(笑)
食事に関しても、厳密に1日1食ということではなく、外出などしない運動量の少ない日は1食にし、活動的な日にはしっかり3食とるなど、その時の状況に応じて臨機応変、食事の仕方を考えていこうと思っています。

なによりも、もういい歳なので、若いときのような暴食は避けなければいけません。
ダイエット以前に、やはり成人病などのリスクもあるので、ストレスを溜めない程度に8分目を心がけたいと思っています。

ここでちょっと気づいたのですが、実は前年度の今日(12月30日)もダイエット記事を書いているのです!
しかも1日1食どころか「食事抜き」ですって(笑)

すっかり忘れていましたが、結局私は毎年同じことを繰り返しているようです(笑)

こうなったら、これから12月30日は、「ダイエット記事の日」としましょうかね。
何はともあれ適正体重、体型に戻り、これで心置きなくお正月を楽しめる。それが嬉しい年の瀬なのでした。。。

www.hw-frankie.com