お菓子を巡る暮らしの雑記帖

アラフィフ主婦が美味しいお菓子とともに過ごす毎日を思いつくまま綴るブログ。食、家事育児、国際結婚、ブログなど。。。

Sponsored Link

京都 「かざりや」と「一和」のあぶり餅。おすすめは両店の異なるお味を楽しむこと!

京都を訪れると、時間が許す限り必ず足を運ぶのは今宮神社です。

こちらで参拝を済ませた後に向かうのは、もちろん参道に向かい合わせに並ぶ二軒のあぶり餅のお店。

この『あぶり餅』は、きな粉をまぶした一口大の小さなお餅を竹串の先に刺し、炭で炙り白味噌のタレでいただくという名物。


『かざりや』さんのあぶり餅

京都を訪れたなら、これだけはここで出来立てをいただきたいと、可能な限り毎回足を運んでいます。

境内から参道に入り右にあるのが『本家 根本 かざりや』さん、左には『一和(一文字屋和輔)』さんが向かい合わせに並んでいます。

どちらも時間によっては待つこともある人気店ですが、朝一番は静かで落ち着いています。

今回は最初に『かざりや』さんへ。
というのも、前回の京都旅では閉店の17時ギリギリになってしまい、二軒はしごの時間がなく、迷った末に『一和』さんのあぶり餅をいただいたのです。
次は『かざりや』さんから!と決めていました。




かざりや

こちらは創業が寛永14年という歴史があり、日本最古の和菓子屋さんとしても知られているお店です。

今回は朝一番ということで、まだお客さんもまばら。お座敷もありますが、お席も選び放題だったので、靴を脱がずに済む外がよく見えるお席に座りました。

すぐに冷たいお茶が供され、あぶり餅一人前をお願いしました。
もっと食べられますが、お後も控えているので(笑)

お持ち帰りもできますが、やはりでき立てが一番です!

お餅を炙っているお写真を撮らせて頂きました。香ばしい香りが広がり、食欲がムクムクと(笑)
しかし、これからの時期は暑くて大変でしょうね。。。

お席に戻り待っていると、やってきましたあぶり餅。
『かざりや』さんのあぶり餅はタレが多めです。

京都の白味噌を使った甘辛いタレ、こちらはとろんとしたテクスチャーの甘めのタレです。

少し丸みのあるふっくらとしたお餅です。

ほんのりと香ばしいお焦げの香りはあぶり餅だからこそ!

前回いただけなかった無念を払拭。ペロリと完食。大変美味しくいただきました。



さて、お次はお向かいの『一和』さんのあぶり餅です。

まだ開店してまもない午前中だったの『一和』さんの方も空いていました。

一和

こちらのお店の歴史は古く、創業が平安時代と1000年以上の歴史あるあぶり餅の専門店です。

前回はお座敷でしたが、今回は空いていたので縁側席にしてみました。

こちらもお持ち帰りできます。そしてお支払いは現金のみ!
こちらのお店に限らず、京都のお店ではまだキャッシュレス対応していないお店も少なくないので、多少の現金は用意しておいた方が安心です。

こちらでもまた炙っているところをジーッと見せて頂きました。このようなものって、何故かいつまで見ていても飽きないのですよね。
私も炙ってみたいです(笑)

そして運ばれてきた11串のあぶり餅。
もちろん炙りたての熱々です。

こちらのお餅は少し縦長で、歯応えがあります。とは言え、もちろんもち〜っと柔らかいです。

しっかりとした焦げ目に甘辛のサラリとした白味噌のタレで、甘さと塩っぱさのバランスが絶妙です。

やっぱり『一和』さんのあぶり餅も美味しい〜。。。この白味噌のタレ大好きです。

2軒目でもまだまだお腹に余裕ありでしたが、どちらのお店でも大変美味しくいただけたので、この日はこれでごちそうさまとしました。



両店ともに『あぶり餅』の専門店ではありますが、お餅、タレ、炙り具合とかなり違いがありますので、どちらが美味しく感じるかは、その人の好みによりけりだと思います。

これは私のお友達界隈でも話題になったことがあるのですが、人それぞれご贔屓が違います。
人によって嗜好も味覚も異なります。またその人が経てきた食体験も影響するのだと思います。

だからこそ、どんな食べ物に対しても、「ここは美味しい!」とは言っても、「美味しくない」「こちらの方が美味しい!」とは言わないようにしています。
私のブログでは美味しいと思えなかったものをトピックに上げないのはそのためです。


『一和』さんのあぶり餅

『かざりや』さんと『一和』さん、どちらがお好み?と尋ねられることがあるのですが、本当に困ります(笑)

『かざりや』さんのふっくらお餅も好みですが、『一和』さんのお餅のこんがり強めのお焦げも好きです。タレもこってりと甘めの『かざりや』さんも、すっきりとした甘さと塩気のバランスがいい『一和』さんも美味しいし。。。

そんなわけで可能な限り両方のあぶり餅を味わいたいと思っています。
細かいことはさておき、とにかくどちらも本当に美味しいので、今宮神社へ参拝に来た際には、両店で美味しいあぶり餅を味わうことをおすすめします。

店舗情報

本家 根元 かざりや
住所 京都府京都市北区紫野今宮町96
TEL 075-491-9402
営業時間 10時~17時
定休日 水曜日
※水曜日が1日、15日、祝日の場合は営業、翌日休み。

一和(一文字屋和輔)
住所 京都府京都市北区紫野今宮町96
TEL 075-492-6852
営業時間 10時~17時
定休日 水曜日
※水曜日が1日、15日、祝日の場合は営業、翌日休み。

アクセス
烏丸駅より 市バス46系統
上賀茂神社行「今宮神社前」下車すぐ。

JR京都駅より 市営地下鉄烏丸線で「北大路駅」下車
市バス1・北8・12・M1・204 • 205・206系統、「船岡山」下車 北へ徒歩約7分。